東京都足立区扇の畳屋さん
葉本畳店
電話&FAX 03-3890-7417

ホーム > 結露

結露対策

結露が発生が多い場合は、
以下の事を参考に1つづ対策していくと良いと思います。
押入・窓際の家具

1.収納物は壁より離して置き、空気の循環を良くする。

2.晴れた乾燥した日には、襖を解放して風通しをよくする。

3.布団等を収納する物を常に乾いた状態にする。

4.定期的に扇風機等を使っって押入の中を強制換気する。

5.家具は壁から2センチ以上離して置き、壁面からも
 「すのこ」等で少し上げて風通しをよくする。

6.特に北西に押入や家具が有る場合は注意する。

浴室・台所・トイレ

1.浴室への出入りは速やかにする。

2.入浴後の湯舟の湯が不要の時はただちに棄てる。
 また、必要な時は必ず湯舟にフタをする。

3.浴室内は出来るだけ水気を切り可能なら、
 水気を拭き取る。

4.トイレの便座のふたは閉めておきましょう。
 便座の保温時の電気も少なくなり、水蒸気の発散も
 押さえられます。

5.窓を解放したり換気扇を作動したりして浴室内を排湿する。

6.台所ではガスも燃焼すると水蒸気を発生しますし、
 料理からも水分(湯気)が出ます。
 換気の為窓等を開けたり換気扇を運転する。

暖房機器

1.ストーブの上にやかん等を置かないようにする。

2.時々窓を解放して室内の湿った空気を排出する。

    空気も汚れるので、換気しましょう。

その他

1.洗濯物を室内に干さない。
 布団乾燥機等で乾かしても水分が布から逃げて、
 部屋の中に水分が残ってます。

2.エアコン等で室内の温度・湿度を適正に保つようにする。

3.水槽や植物からも水蒸気が発生します。

4.一般に水蒸気の発生は、炊事・入浴・就寝中の発汗、呼吸等、
 夜間に多いので、夜間に換気扇を回す等、換気が重要です。

換気の場合は、空気の出入口が無いと上手く換気出来ないので、
その場所の空気が入れ替わる様にしましょう。
(入口〜出口まで空気の流れるイメージをすると良いと思います。)
台所や、お風呂の換気扇を回す場合は、
なるべく遠くの窓を開けたりして、換気する様にしましょう。
部屋が暖かくなって、結露部分が乾いても空気中に、
水分が浮遊して、部屋の中の水分の量は変わらないです。

結露が発生したら放置しないで、直ぐに拭き取って捨てると、
部屋の中の水分量が減り結露しづらくなります。

 

ホーム > 結露

葉本畳店
東京都足立区扇1-37-3
TEL&FAX 03-3890-7417
Copyright (C) 2000 by Hiroki Hamoto. All Rights Reserved