東京都足立区扇の畳屋さん
葉本畳店
電話&FAX 03-3890-7417

畳がこんな時は。

インクをこぼした時

牛乳で湿らせて拭き取る。
又はレモン汁で湿らせた後、塩素酸ソーダを10倍に薄めた液で拭く。

灯油・醤油・おしっこ等を
こぼした時

こぼした上に粉末の洗剤・クレンザー・塩・小麦粉・ベビーパウダー等を降かけ、
充分に液体を粉末に吸い取らせてから掃除機で吸い取る。
粉が畳の目に詰った時は、畳を「トントン」叩いて粉を浮かせて、掃除機で吸い取る。
その後固く絞った雑巾で丁寧に拭く。

クレヨンをつけた時

クリームクレンザーをごく少量、乾いた布につけ丁寧に拭き取る。
その後、目に詰ったクリームクレンザーは、たわし等で軽くブラッシングする。
(歯磨き粉も使えます。)

フェルトペンをつけた時

油性のものはマニキュアの除光液で拭き取る。
広範囲に拭き取ると、シミになる可能性があるので、なるべくその部分だけにする。

水性のものはクリームクレンザ ーで拭き取る。
その後、目に詰ったクリームクレンザーは、たわし等で軽くブラッシングする。
(歯磨き粉も使えます。)

畳にカビが生えてきた時

消毒用アルコール(濃度70%位)を布に染み込ませ、拭き取ってから、
もしくは、アルコールを霧吹きで吹付け乾いた布で拭き取り、
最後に乾拭きをし、換気をする。

掃除機を使用する場合は、窓を開けて換気しながら作業してください。
(カビの胞子を室外に出すため)

最後に湿度の有る時期の場合は、エアコンの除湿や除湿機を使って、
部屋の除湿をしてください。

(注意)アルコールは引火性が強いため作業中は火気厳禁です。

カビについて

結露でカビが発生してしまった場合は、こちらも見て下さい。

畳にダニが発生してきた時

発生が確認された場合は、その部屋以外にもダニが残らない様に、
薫煙や霧タイプの薬を全ての部屋に行き届く様にする。
(畳の部屋だけとは限らないため)
その後窓を開け換気しながら掃除機で丁寧に吸い取る。
(使用薬の注意書きを良く読んで下さい。)

(注意)ボードタイプ、スタイロー床等の畳の場合、
針で畳に刺す殺虫剤は絶対に使用しないで下さい。
そこの部分のポリエチレンフォームが融けてしまいます。

畳の他にも寝具にも使える薬も有りますので、
使用用途等を考えて使って下さい。

参考 UYEKIホーム 商品情報 ダニ対策品

焼け焦げを作った時

タバコのように小さい場合は、炭化した部分をそっと削り取り、
オキシフルで漂白し、木工ボンド等を垂らして穴を埋め、
焦げ穴を大きくしないように注意する。
ボンド等は畳表(表面部分)のみで畳床(心材)までつかないように少量にしてください。

(注意)気持ち目立たなくなる位です。

他には、焦げ部分にい草を移植する方法もございますが、
チャレンジしたい方はご相談下さい。

血が付いてしまった時

オキシドールをティッシュ、コットンなどに含ませて血の付いた部分のみ
拭き取る様にする。
(大量にしみ込ませたり、広範囲に拭き取ると変色恐れが有ります。)

家具の跡がついた時

凹んだところに適度に霧吹きして、濡れたタオルを当ててアイロンをかける。
その後、風を当て水分を乾かす。
深い凹みは畳床自体が凹んでいますので、畳床を修理する様になります。
凹みの跡が、消えて水分が無くなりましたら、
出来るだけ面積の広い硬い物を敷いておくと、
重さが分散して、凹みづらくなります。

小畳は如何ですか?

(余り深い凹みはお近くの畳屋さんにご相談下さい。)

ホーム 戻る
葉本畳店
東京都足立区扇1-37-3
TEL&FAX 03-3890-7417
Copyright (C) 2000 by Hiroki Hamoto. All Rights Reserved