東京都足立区扇の畳屋さん
葉本畳店
電話&FAX 03-3890-7417

シロアリの被害の後

シロアリの被害の畳裏面です。
黒く色が変わっている所が被害の場所です。

シロアリの被害の畳

中が気になったのでばらしてみました。

シロアリ被害全体画像 シロアリ被害アップ画像

被害の部分のアップ画像です。
濃い茶色部分は、本来のボード床の材質よりも硬くなっていました。

ポリエスチレンフォームもやられてましたが、
全体画像だと良く分からないので、
被害の部分のアップです。
蟻道のアップ画像
蟻道です。

こちらは、普段使わない1階の和室だそうです。
ダンボールを移動したらシロアリにやられていたものです。
シロアリ現役中ですので、他にシロアリが散らないように、
そのままそっとして業者さんに依頼になります。

この場合床下もやられておりましたので、シロアリ駆除業者さんと大工さんが入った後に畳入れ替えになります。

こちらは、戸襖

下の部分と中の芯1本が食われていましたがシロアリは居なく、
敷居やその他の部分は穴や食われた跡、蟻道も見当たりませんでした。
戸襖のベニア面を剥がし一部の芯材交換修理で済みました。

こちらは障子

障子の建具自体には居なかったので、食われた部分を削り取り端材を接着後、形を整えての修理をしました。
もう少し広範囲の場合は新規になってしまいます。

日本には主に、
ヤマトシロアリイエシロアリがいます。
イエシロアリは、日本の中央よりも南に生息しておりますが、
ヤマトシロアリは、北海道の一部を除き、ほぼ全域にが分布しています。

ヤマトシロアリは、湿気の有る場所を好みますが、
イエシロアリは、湿気の無い所も食害します。

ここ数年、乾燥に強い「アメリカカンザイシロアリ」という、外来種のシロアリ被害も急増しております。
木材さえあれば天井等と高い位置や乾燥した場所と、どこにでも生息の可能性が有ります。
被害部に土は無いので、木粉や落下した羽根・糞の堆積で被害を発見するしかないそうです。

こんな時

羽アリを見た。 
白アリの羽は前と後ろは同じ長さです。
前が長く後ろが短い場合は普通のアリです。

普通の蟻がいる。 
食物で室内に入った場合と白アリを食べる為に来た場合が有りますので、
この場合は、発生場所、侵入場所を確認しましょう。

注意
白アリは、市販の薬で駆除する事が出来ますが、その薬の散布により逃げた場合は外の場所に移る場合が有りますので、
駆除の場合は徹底的に行うか、そのままそっとしておき、直ぐに専門の業者さんにお願いする事が良いと思います。

駆除は発生場所だけでなく建物の床下の殺虫可能な部分を施工致しますので、
4畳半が白アリにチョッピリやられてしまった場合でも、
他の場所での発生を防ぐために建物の床下全面を殺虫、防虫しますので、
施工範囲の目安は建坪となります。
金額の目安は人に影響の少ない薬剤散布1坪8,000円税別になります。

後日専門業者さんがお伺いして見積もりそして了承をいただいての施工になります。
施工費は、直接専門業者さんの方にお支払いください。
専門業者さんの保証に準じます。(5年間管理)

ホーム

葉本畳店
東京都足立区扇1-37-3
TEL&FAX 03-3890-7417
Copyright (C) 2000 by Hiroki Hamoto. All Rights Reserved