東京都足立区扇の畳屋さん
葉本畳店
電話&FAX 03-3890-7417

シバンムシの被害

シバンムシは、タバコシバンムシやジンサンシバンムシの他にも種類がいます。

成虫の特徴は、体長約3ミリ前後で、ゴマ粒よりも少し小さく、赤褐色です。
卵は、約0.3ミリで白色
幼虫は白色で小さなイモムシみたいで、成熟して約4ミリになります。

以下の画像は、シバンムシが畳表に穴を空けた物だと思います。

畳表に虫の穴

こちらの穴も多分そうだと、思いますが・・・

畳縁の側面に穴があいている。

シバンムシ自体は、体に害はありませんが、大量に発生すると、
人を咬むアリガタバチの発生の可能性が出てきます。

被害内容

タバコ、お菓子、ペットフード、小麦粉、パン粉、乾麺、
ペットフード、かつお節、漢方薬等の
乾燥食品類の加工品を好みますので、発生する事があります。

発生した場合は、それらの食べ物の保存している所も確認してみて下さい。
私の経験した所、
虫が湧きづらいと言われるボードの畳床の家庭でも畳表に穴を開けている場合が有りました。

発生時期

春から秋にかけて発生しますが、
部屋の室温等の条件でで年に3回は発生時期が来るそうです。
ある文献では、
夜家の光に吸い寄せられて、網戸の目を抜けて入ってくると言われています。
不確かですが、ちょっとした隙間から侵入するのは間違いないです。

駆除方法

発生源の発見と、個体数を減らすことが第一になります。

発生場所を探します。
畳の上などで見ることが多いですが、シバン虫の食べ物となる所をさがします。
餌となる乾物が保存されている台所、物置等に置いて有るペットの餌や釣りの餌、藤の家具、ベランダや玄関において有る草花の袋詰めの肥料も発生源だったりすることもあります。

その発生源を綺麗に掃除しましょう。

その後、
良く飛ぶ虫なので、燻煙タイプやキリタイプの殺虫剤を使用したり、
電撃殺虫機で、飛んでいる虫を駆除する。

針を畳の中に差込むタイプ薬剤の場合は、
畳の中にポリエスチレンフォームの入った物の場合が有ります。
この場合は、薬剤の有機溶剤成分でポリエスチレンフォームが、
溶けてしまいますので、
このタイプを使用する場合は、畳の心材を確認してからの方がよいです。

散布するタイプの場合は、
全ての部屋、クローゼット、タンス、押入れ、台所等の扉の中に行き届く様にする。
その際に、畳の下にも行く様に、畳を上げて空き缶等で畳の下にも入り込む様に、
隙間を空ければ良いと思います。

散布時に卵が孵化する頃に第2回目を念のためにする。

予防対策

餌となる乾物などを定期的に確認と周辺の掃除、物をしまっている所を時々確認。
湿気がこもりがちな家では、畳やゴザを時々日光で虫干しする。
出来ない場合は、畳の隅を上げて、空き缶等で畳の下に空気が入り込む様にし、
エアコンで除湿すると良いと思います。

最後に、シバンムシに効くタイプの薬を製造している会社のリンクです。
薬はそれぞれに特徴が有ります。
各社の注意書きを見て使用の判断をしてくださいね。

アース製薬

虫コロリ ノンスモーク霧タイプ
虫コロリ 一撃必殺
虫コロリアース パウダースプレー
虫コロリアース(粉剤)
スーパー虫コロリアース(粉剤)青つぶin

バルサン

いや〜な虫

富士フレーバー

ニューセリコ
ハイレス

フェロモンタイプ(ゴキブリホイホイの様な物)の場合は、
退治よりも発生源を見つける為に使う事が多い様です。
シバンムシでの種類でフェロモンを分けておりますので、
相談してから購入する方が良いと思います。

ご質問が有る方は、遠慮なくE-mailにて問い合わせ下さい。

ホーム

葉本畳店
東京都足立区扇1-37-3
TEL&FAX 03-3890-7417
Copyright (C) 2000 by Hiroki Hamoto. All Rights Reserved