東京都足立区扇の畳屋さん
葉本畳店
電話&FAX 03-3890-7417

刃物研ぎ

包丁やハサミ、ナイフなど切れなくなってしまった刃物など研ぎます。

包丁

三得包丁、菜切り包丁、出刃包丁、刺身包丁、牛刀、西洋包丁、ペティーナイフ、中華包丁、ナイフなど

包丁の刃先研ぎ前
プロの使うしっかりした固いステンレスの西洋包丁の刃部分の画像です。

お手入れはしっかりされておりますが、
刃先のみ研がれてしまい、「しのぎ」が丸くなってます。
こうなると手研ぎでは刃先を付けるのに結構な時間がかかります。

包丁の刃先研ぎ後
写真の倍率も違ってしまい上手く撮れませんでしたので、
分かりづらいですが、
上の写真より「しのぎ」の部分を平に修正しその後に刃先を研ぎます。
(荒砥で研ぎますので研ぎ跡がついてます。)
そうする事によりお客様も又ご自身で包丁を暫く研ぐ事が出来ます。
(洋包丁と和包丁では構造も違いますが、 研ぎ方もチョット変えてます。)

その他、普通の鋏、植木鋏、握りばさみ、料理鋏、万能ばさみ、裁ち鋏、ナイフなど何でもご相談ください。

研ぎ代

◯基本料金500円税込み (D部分の軽度のサビや汚れ落としは含みます。)

◯プラス料金になるもの
状態により
基本料金+500円〜1,500円程度
包丁図(左利き用)刃の向きが左利き用の図になってます。

A の切っ先(先端)が折れている。
B の刃先の形が変わってしまっている
C の極度にしのぎが丸くなってしまっている
B の包丁の刃が欠けている。

刃先の断面図
Cの「しのぎ」部分が包丁刃先断面図研ぎ前丸くなっているのを包丁刃先断面図研ぎ後平に直します。

○ハサミは、分解可能なものは分解して研ぎます。
   可能な範囲で清掃調整いたします。

不可の物
○包丁・・ヒビが入っているもの
(程度により可能な場合も有りますが、そのヒビ部分を取り除くため、包丁が細くもしくは短くなります。)
○ハサミ・・刃の内側に傷があるもの(刃先の研ぎで取れる範囲は可能)
○ハサミ・・落としたり無理に使って噛み合わせの狂ってしまったハサミ
○ハサミの裏を研ぐ裏スキを必要な研ぎは当店では直す事ができません。

研ぎ方法

この研ぎのプランは機械での乾式研ぎになります。
金属部分の油汚れやサビ取りをしております。(過度のサビは不可になります。)
試し切りとして包丁などの刃物は、新聞紙がすーっと切れるようにし、ハサミは畳縁をサクッと切れるようにいたします。
今まで切っていた物の切れ味が悪くなった場合、切りたい物を合わせて持参していただければ助かります。

手研ぎが必要な場合は機械研ぎの後、青砥(畳用中研)を使っての仕上げのみになります。
(別料金1,500円〜と納期数日)
全て手研ぎは現在は、受け付けておりません。

ご依頼方法 納期

畳などと同時注文以外は、お客様による持込みのみ受付してます。

包丁やハサミは新聞紙や布などで包んでお持ちになるか、
段ボールでサヤの様に挟んでお持ちください。

防犯上、名前と連絡先(住所、携帯電話番号)を記入していただき、預かり書をお渡しいたします。
研ぎ完了しましたら携帯番号にメッセージをいたします。
引き取り時に、お支払い、その預かり書に領収判を捺印いたします。
(こちらに書いて頂いた情報で営業はいたしません。)

刃物の状態が軽度の場合

午前中 預かり 午後お渡し
午後  預かり 夕方もしくは次の日の朝以降お渡し
大量の場合はお預かりさせていただく場合もあります。

電話 03−3890−7417
お問い合わせフォーム

葉本畳店
東京都足立区扇1-37-3
TEL&FAX 03-3890-7417
Copyright (C) 2000 by Hiroki Hamoto. All Rights Reserved